2017年05月24日

寄付物品を送って下さる皆様へ

バザー用品を「かにた後援会」に送って下さるみなさま、お支えに心より御礼申し上げます。
お願いが一つだけございます。

時々ですが、「間違えて、送るつもりの無かったものを同梱してしまい、困っている。こうこう
こういうものなので、できれば探して、見つかったら連絡してほしい」旨のお問い合わせを
いただきます。いろいろと思い出のあるお品であると理解し、現場には捜してもらうよう
連絡しますが、一日に30箱の荷物が届き、季節・種類ごとに仕訳けて再梱包してバザーに
備えておりますので、特にバザーのある月は準備等で忙しく、中々ご希望に沿えない状況
です。送って下さる前に、良く中身を点検されて、大事なものが混じらないようにお気を付け
下さい。よろしくお願いいたします。

                             施設長 五十嵐
posted by かにた婦人の村 at 17:13| Comment(0) | 告知

2017年05月16日

お知らせ

夢を見るチラシ.jpg
 7月1日土曜日、かにた教会にて、従軍慰安婦体験をテーマにした演劇を上演します。作家の石原さんは、城田すず子さんの「マリアの賛歌」を読まれて、この芝居を書かれました。重いテーマですが、慰安婦問題を他人事とするのではなく、当事者が語る言葉からその感情を自己の中に内在化する、即ち「当事者の気持ちになってみる」、疑似的ではありますがが、このお芝居を観ることで、そんな経験ができる貴重な機会だと思います。 申し込みは、チラシに記載されている方法でお願いします。 14時と18時の2回公演です。
posted by かにた婦人の村 at 11:07| Comment(0) | 告知

2017年05月11日

陶芸班 近作

DSCN4689.JPGDSCN4701.JPGDSCN4702.JPGDSCN4687.JPGDSCN4686.JPGDSCN4699.JPGDSCN4698.JPGDSCN4700.JPGDSCN4694.JPGDSCN4697.JPG
 陶芸班の最近の作品です。昨年、電気窯の入れ替えのために寄付金を出して下さった方があり、一気に制作が加速中です。形は入所者さん、お化粧は支援員が、そんな分業体制で作品作りをしていますが、少しずつ、お化粧の方も入所者さんに手を出してらっているとのこと。
 バザーにも出しますが、一度展示会を開きたいと、担当支援員さんは考えています。地元の陶芸家さんにも助言を受けながら、楽しい作品が次々生み出されていくことでしょう。料理が乗ったら、さぞ美味しく見えるんじゃないかと、私は思いました。 五十嵐

posted by かにた婦人の村 at 18:32| Comment(0) | 日記